ホーム > 南アルプスを知ろう! > 登録への活動

南アルプスを知ろう!

登録への活動

静岡市では、世界自然遺産登録に向けて以下の活動をしています。

推進協議会の設立

南アルプス世界自然遺産登録推進協議会の設立(H19.2.28)

山梨県:韮崎市、南アルプス市、北杜市、早川町
長野県:飯田市、伊那市、富士見町、大鹿村
静岡県:静岡市、川根本町

世界自然遺産登録に向けた3つの視点と取組み

1 学術的知見の集積

南アルプスの地球規模での顕著で普遍的な価値を証明するため、南アルプスの特殊性や独自性についての更なる学術的知見の集積を進め、魅力の再発見を目指す。

■取組み
総合学術検討委員会による情報の交換・共有化
地形・地質・自然景観に関する調査・研究(ジオパーク推進部会)
生態系・生物多様性・自然景観に関する調査・研究 (ユネスコエコパーク推進部会)

2 保護担保措置の拡充

南アルプスの傑出した自然環境を将来に継承していくため、国立公園区域の見直しはもとより、地域を挙げた保護管理体制の構築と適正利用方策の検討を行う。

■取組み
国への要望活動
自然保護官事務所の設置
南アルプス国立公園高山植物等保全対策検討会の設置
国立・国定公園総点検事業において、公園区域拡張候地に選定

3 国民的な合意の形成

南アルプスを日本の宝、世界の宝として、多くの国民の皆さんに認識してもらうため、南アルプスの多面的な価値についての情報発信を積極的に行う。

■取組み
賛助会員の募集
講演会等のイベント事業の実施
HPの運営・南アルプス通信の発行
クライテリア講演会・南アルプスフォーラム開催