ホーム > 環境学習団体紹介 > 水辺・川・海

静岡市 環境学習団体紹介

水辺・川・海

麻機自然体験コミュニティ「Balance」

麻機自然体験コミュニティ「Balance」

荒廃が進む麻機エリアの身近な自然・里地・里山の整備保全を進め、ゲームなどによる仮想現実の住人になりやすい子供達に自然の中での遊び方・楽しさを伝える場を提供していくと共に、人と『森林・河川・海』等の自然との繋がりや大切さを学び、地域循環型社会の構築も視野に入れた活動をしていきます。

NPO法人静岡県フィッシングインストラクター協会

NPO法人静岡県フィッシングインストラクター協会

静岡県フィッシングインストラクター協会(略称:JOFI(ジョフィー)静岡)は、釣りを活動の手段として、自然体験活動や社会貢献活動を行っています。釣り人として、釣りを未来に残すべき「水辺の文化」(釣り文化)として考えて青少年に伝えるとともに、豊かな釣り場、つまり「水辺の環境」(釣り場環境)を保全し伝えていくための、さまざまな啓発活動を実践しています。

静岡淡水魚研究会

静岡淡水魚研究会

淡水魚およびその生息地の調査・研究およびその保護をはかることを目的としています。

由比港漁業協同組合

由比港漁業協同組合

海と山のつながりを知ってもらうため、間伐材漁礁の設置を行っています。また、資源と生態系の保護に積極的に取り組んだ漁業を行っており、平成21年5月21日に桜えび2そう船びき網漁業が、マリン・エコラベル・ジャパン認証取得致しました。漁業体験を通じた環境教育も実施しています。

静岡昆虫同好会

静岡昆虫同好会

郷土の昆虫相とその生態を解明するための調査・研究及び会員相互の親睦を目的に活動をしています。

静岡・海辺づくりの会

静岡・海辺づくりの会

静岡海岸における自然環境の保全・快適な利用について、会員・地域住民・海岸利用者・管理者(市・県)が、協働・連携して次世代に残る「美しい自然」「人々の集まる」海岸づくりを目指します。

麻機湿原を保全する会

麻機湿原を保全する会

麻機湿原を保全する会は、生きものと地域との関わりを大切にした保全活動を行っています。特に、生物多様性の考えを大切にし、麻機湿原に本来、生息・生育すべき生きものの保全活動を行っています。また、麻機遊水地周辺の歴史と農耕文化を育んできた地域の皆さんとの関わりを大切にした活動を行っています。

東海大学海洋科学博物館

東海大学海洋科学博物館

海洋科学博物館は、水族館と科学博物館の要素を合わせ持ち、海洋に関する総合的な科学博物館として運営されています。東海大学は、我が国で唯一の海洋学部を持ち、海洋に関する科学技術の教育研究を行っています。海洋学部の教育研究に利用すると共に、海洋科学に関する知識を広く一般市民に啓蒙普及することを目的としています。

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク

NPO法人静岡県自然史博物館ネットワークは、静岡県内において県立の自然史系博物館の設立を目指し、その計画、運営に協力するとともに、自然史に関する標本、資料の収集・保管,研究に関する事業や、自然環境教育に関する事業を行い、社会に寄与することを目的としています。

興津川保全市民会議

興津川保全市民会議

森は「緑のダム」として水を蓄え、少しずつ水を流し出す役割をしています。しかし、現在、森の整備に携わる人が少ないために、森が荒れて水の蓄えも減り、「興津川」の渇水の要因のひとつになっています。私たちは、「興津川の美しい水、豊かな自然を守る」ことを目的に活動しています。

NPO法人しずおか環境教育研究会(エコエデュ)

NPO法人しずおか環境教育研究会(エコエデュ)

エコエデュは、しずおかに広がる里山を中心に、環境教育を通じて「未来につながる生き方のできる人づくり」をめざしています。自然の中で学ぶことで、「何かを創り出す力」や「誰かと一緒に活動する力」「自然に対する感謝や畏敬の気持ち」など、現代社会で失われかけている大切なことを取り戻すきっかけにしたいと考えています。