ホーム > 環境学習・環境活動・イベント情報

環境学習・環境活動・イベント情報

2018年6月13日 水曜日【環境学習会情報】
~渚の植物観察会~参加者募集中!

お子さんと一緒に、浜辺に咲く植物を観察してみませんか?

 

身近では見られない植物や、かわいらしいお花など発見がたくさん!

 

東海大学の先生・学生さんが、優しく教えてくれますよ♪

 

観察会の後には、人気のハーバリウム作りを行う予定です。

 

ぜひ、ご参加ください!

 

 

渚の植物観察会

 

【日時】7月29日(日)13:00~16:30

 

【会場】東海大学海洋学部とその周辺の砂浜(清水区折戸)

 

【対象】小学3年生~中学生、保護者40名

 

【費用】無料

 

【申込み】6月29日(金)までに、環境創造課へ電話またはファックス(多数抽選)

 

     電話:054-221-1319

 

     ファックス:054-221-1492

 

     申し込みの際に、参加される方全員の「氏名」「住所」「電話番号」「学年(小中学生のみ)」をお伝えください。

 

 

チラシ.png

 

詳細はこちらをご覧ください→渚の植物観察会 チラシ.pdf

 

<昨年度の様子>

ハマゴウ

IMGP6722.JPG

 

ハマユウ

IMGP6762.JPG

 

観察する場所

IMGP6743.JPG

2018年6月04日 月曜日【環境学習の実績・成果】
葵区足久保一丁目でオオキンケイギクの駆除作業を行いました!

 平成30年5月19日(土)、葵区足久保一丁目2区自治会の地域クリーン作戦において、特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除作業を行いました。

 地域の自然を守ろうと、数年前から美和中学校脇の安倍川沿いに群生しているオオキンケイギクを、住民の皆さんで駆除してくださいました。

 

 作業前の様子です。

作業前 法面.JPG作業前 河川敷.JPG

 黄色い部分が、オオキンケイギクが群生しているところです。

 

 朝早くから地域の清掃活動に参加された皆さんが、オオキンケイギクの駆除のために集まってくれました。

 駆除作業に入る前に、市の職員からオオキンケイギクの解説と駆除の方法について説明しました。

 根から抜く必要があること、抜いたものが飛び散らないよう、ごみ袋に入れてきっちり縛ることが重要なことなどを皆さんにお話ししました。

 また市からは、オオキンケイギク用の抜根具と、抜根したオオキンケイギクを入れるゴミ袋を提供させていただきました。

 作業説明.JPG

 

 地域の活動が終わってから参加してくださる方がどんどん増えていき、最終的に100人近くの方が、作業に加わってくださいました。

作業中 法面.JPG 

 

 

 花のついたものを駆除した後は、葉だけの若い株も丁寧に抜いていきました。

 汗ばむほどの陽気の中、1時間ほどの作業で土手と河川敷のオオキンケイギクを駆除し、約90袋のごみ袋がいっぱいになりました。

作業中 ほぼなくなる.JPG

 

 

 そして、こちらが作業後の様子です。

作業後 法面.JPG作業後 河川敷.JPG

 あれだけあった黄色い部分が、すっかりなくなりました!

 

 

 足久保一丁目2区のみなさん、ありがとうございました!

 

 オオキンケイギクは多年草であり、一度抜根しても根っこの部分が残っていると次の年も生えてくることがあります。

 オオキンケイギクの防除には、地域の皆さんの力を借りながらこのような取り組みを継続的に進めていく必要があります。

 皆さんのご協力をお願いします!

 

2018年5月25日 金曜日【環境学習の実績・成果】
しずもーる沼上でオオキンケイギクの駆除活動とはがき作りを行いました。

 平成30年5月11日(金)静岡市沼上資源循環学習プラザ(しずもーる沼上)で「オオキンケイギクではがき作り」講座の一環として、しずもーる沼上近くの土手に生えている特定外来生物のオオキンケイギクの駆除活動を行いました。

 

 市職員がオオキンケイギクの特徴や駆除方法の説明をした後、講座の参加者と(一財)静岡市環境公社の皆さんが、駆除作業に取り掛かりました。 

 

image1.jpeg

 

 

 オオキンケイギクは非常に生命力が強く、根が残っていると翌年も花をつけてしまうので、根から抜き取ることが重要です。

 

 土手の一部のオオキンケイギクを一掃しました。

 

image2.jpeg  image3.jpeg

 

 今回は、駆除したオオキンケイギクの茎の部分をはがき作りに使用するため、花のすぐ下の茎を切り取りました。

 

 その他の部分は、花や根が飛散しないようにごみ袋にしっかりつめて、沼上清掃工場へ持ち込み焼却処分しました。

 

 しずもーる沼上へ戻り、茎を細かく切り重曹を入れて煮ました。1日目はこれで終了です。

 

IMG_5.jpg

 

 翌日は、昨日煮たものをミキサーにかけ、漂白し水洗いしたものをすいてはがきを作りました。

 

IMG_7.jpg IMG_8.jpg

 

 オオキンケイギクの茎からはがきが出来ました!!

 

 今回は、特定外来生物のオオキンケイギクを材料にしてはがきを作りました。駆除して処分するものから、はがきができるとは驚きですね!

 

 今の時期、道路や川沿いに群生しているオオキンケイギクですが、在来植物を守るためにも駆除活動をしていく必要があるため、地域の皆様のご協力をお願いいたします。

 

2018年5月18日 金曜日【環境学習会情報】
ホタル舞う初夏の紅葉山庭園のお知らせ♪

夏の風物詩として親しまれるホタル!

 

駿府城公園の紅葉山庭園では、街中にいながら美しく光るホタルと出会うことができます♪

 

 

5月30日(水)から6月3日(日)まで特別に紅葉山庭園を夜間開園します。

 

期間中は、美しく舞うホタルや、紅葉山庭園自慢の花菖蒲、園内を淡い光で灯す竹灯籠

 

楽しめますよ♪

 

この時期しか見られない幻想的な光景を、お見逃しなく!!

 

【と き】5月30日(水)から6月3日(日)まで

     19:30~21:00(雨天開園)

     雨天開園・荒天時の開催の有無は下記へお問い合わせください。

 

【ところ】紅葉山庭園(駿府城公園内)

 

【入園料】大人150円、小中学生50円

      未就学・70歳以上の方は無料です。確認できるものをご提示ください。

 

【URL(YouTube)】https://youtu.be/1othriQv34g

 

【お問い合わせ】駿府城公園二の丸施設管理事務所まで

        TEL:054-251-0016

 

無題①.png

 

無題②.png

ホタル舞う初夏の紅葉山庭園.pdf

 

2018年5月17日 木曜日【環境学習の実績・成果】
☆シンポジウム開催のお知らせ☆「熱帯地域のチャ栽培と環境・文化との多様な関係」

日本熱帯生態学会様よりシンポジウム開催のご案内をいただきましたので、ご紹介させていただきます!

 

 

**********************************************

静岡県民にとっては身近な「お茶」ですが、そのお茶が世界中で多くの人に楽しまれていることはご存知でしょうか?

 

その中でも東南アジア熱帯の山岳地では「チャ」は重要な産業となっており、それぞれの地域で独自の栽培形態や利用方法が発達してきました。

 

さらに、チャ栽培は経済活動だけでなく、地域の人々の文化にも深く関わっている植生なのです。

 

このシンポジウムでは、伝統的な文化民族的な視点、現代社会の中で変容する社会との関係、地域による栽培技術の多様性、植生の山岳環境に及ぼすインパクト等について講演を行います。

 

日本の茶どころである静岡で、熱帯地域の山岳地のヒトと環境の関わり合いをチャという植物を通して考える時間をみなさんで過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

事前申し込みは不要ですので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

【お知らせ】熱帯地域のチャ栽培と環境・文化との多様な関係.png

【お知らせ】熱帯地域のチャ栽培と環境・文化との多様な関係.pdf

 

【日時】平成30年6月10日(日)

    13:00から16:00まで

 

【会場】静岡大学農学部 大講義室

    静岡県静岡市駿河区大谷836

 

【お問い合わせ】日本熱帯生態学会静岡大会実行委員長 静岡大学 水永様まで

                            TEL:054-238-4841

                             

 

 

 

 

2018年5月11日 金曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集中◆「静岡市環境大学2018」の受講生を募集しています!

 

 環境に関する知識を身につけたい方、身の回りの環境問題の解決に取り組みたい方、環境学習リーダー・支援スタッフとして活躍したい方へ!

 

 

「静岡市環境大学2018」の受講生を募集しています!

 

 

 今年度はカリキュラムを大幅にリニューアル!どの講義も魅力的なものばかりです!

 

 例えば・・・深海魚ミズウオの解剖から学ぶ海洋環境問題、

 放射線の基礎知識や実験、食品ロスや生ごみを減らすエコ調理

 など、どの講座もワクワク感が満載の内容です。

 

(別添)静岡市環境大学2018リーフレット(冊子版).jpg(別添)静岡市環境大学2018リーフレット(冊子版)2.jpg

 

詳細は、リーフレット・受講申込書をご覧ください。

 

静岡市環境大学リーフレットはこちらから(PDF1,068KB)

 

受講申込書はこちらから(WORD61KB)

 

 

環境大学とは

 環境全般について専門的な知識を修得し、身の回りの環境問題の解決に向かって主体的に取り組む環境学習リーダー・学習支援スタッフを育成することにより、よりよい静岡市の環境を将来の世代へ継承することを目指すものです。

 

 

【期   間】 平成30年6月9日(土)~平成31年2月17日(日)の18日間

        原則土曜日の9時~12時

 

【場   所】 しずもーる沼上(葵区南沼上1217-1)ほか

 

【受講対象者】 18歳以上の方

        講座の8割以上に出席できる方

        環境に関して知識を身につけたい、身の回りの環境問題の解決に向かって取り組みたい方

        市内で環境学習リーダー・支援スタッフとして活躍したい方

 

【申 込 期 限】 平成30年5月18日(金)まで

 

【申 込 方 法】 次のいずれかの方法でお申込み下さい。

        ①インターネットで申請 

         申し込みはこちらから(静岡市電子申請サービス)

 

        ②受講申込書を下記問合せ先へ郵送、FAX又は持参 (受講申込書はこちらから)

 〒420-8602 葵区追手町5番1号 静岡庁舎新館13階 環境局ごみ減量推進課

 〒420-0905 葵区南沼上1217-1 しずもーる沼上

         FAXの場合:054-221-1076(環境局ごみ減量推進課)

 

【問 合 せ 先】 静岡市環境局ごみ減量推進課 電話 054-221-1361

 

2018年5月08日 火曜日【環境学習会情報】
◆参加者募集◆オオキンケイギクを使った紙づくり講座が開催されます!
 特定外来生物「オオキンケイギク」をご存知ですか?
 5月~7月にかけて、道ばたや河原などで鮮やかな黄色い花を咲かせています。
 一見するときれいな花ですが、オオキンケイギクが繁殖してしまうと、ほかの植物を駆逐してしまい、日本の生態系に重大な影響を与えてしまう恐れがあることから、「特定外来生物」に指定され、防除の対象となっています。
 
 
 このたび、静岡市沼上資源循環学習プラザでこのオオキンケイギクからなんと紙を作ってしまおうという講座が開催されます!
 道ばたに生えている植物から、どうやって紙ができるのか?
 講座では、特定外来生物オオキンケイギクのお話を聴いていただき、抜取り作業を行ったのち、紙づくりを体験していただきます。
 
 この機会に、身近な外来生物であるオオキンケイギクについて知り、生態系を守る活動に参加してみませんか?
 
300511しずもーるオオキンケイギクチラシ.png
 
 
 
 
概  要  特定外来生物オオキンケイギクの抜根処理及び紙づくり
日  時  第1回 2018年5月11日(金)10:00~12:00
      第2回 2018年5月12日(土)10:00~12:00
      ※全2回、5月12日(土)はがきづくりのみの参加も可
場  所  静岡市沼上資源循環学習プラザ(静岡市葵区南沼上1217-1)
      ※駐車場完備
対  象  どなたでも
定  員  20人
費  用  無料
申込期間  2018年4月11日(水) ~ 2018年5月10日(木)
申込方法  電話(054-207-8971)にてお申込みください。
      4月11日(水)9:00~申込開始します。
2018年5月02日 水曜日【環境学習会情報】
カメ捕獲調査の市民調査員を募集します!

麻機遊水地の環境や在来生物の保全を行うため、市民調査員の方々と協力し、カメ捕獲調査を行います!

身近な池にどんな生き物がいるのか??調査してみたい方はぜひご参加ください!

 

◆日時:7月14日(土)~15日(日)

    雨天延期:7月21日(土)~22日(日)

    土曜日は14時~16時、日曜日は9時~11時

 

◆場所:麻機遊水地 第4工区  ※現地集合・解散

 

◆内容:(土曜日)ワナの設置方法の講習、ワナ設置

    (日曜日)ワナの回収、捕獲生物の説明、計測

 

◆講師:静岡大学教育学部 加藤 英明先生

 

◆募集:2日間参加できる中学生以上の方

    40名程度(多数抽選)

 

◆申込期限:平成30年5月18日(金)まで

 

◆申込方法:電話にて、静岡市コールセンター(054-200-4894)へ

 

チラシ.png

詳細はチラシをご覧ください →チラシ.pdf

2018年4月27日 金曜日【】
◆イベント情報◆第7回 あまごの里釣りまつりが開催されます!

 井川漁業協同組合から、イベント「第7回あまごの里釣りまつり」のご案内をいただきましたので、ご紹介します。

 

 南アルプスの麓である井川地区で、イベント「第7回あまごの里釣りまつり」が開催されます!

 当日は、餌釣り、ルアー、フライ、テンカラや、子ども向けのつかみ取りなどの釣りイベントのほか、地元食材を使った料理や、貴重なあまごへのエサやり体験が楽しめます!

 この機会に、南アルプスの空気に触れながら渓流釣りを楽しんでみませんか?

第7回あまごの里釣りまつりおもて.jpg第7回あまごの里釣りまつり裏.jpg

 

イベント概要

【日 時】  平成30年5月4日(金・祝)(小雨決行)

【場 所】  大井川本流 あまごの里(静岡市葵区田代東中尾1213)

【申込み】  事前申し込み不要

【参加料】  大人4,000円、女性・70歳以上2,000円、小学生1,000円

       子ども(小学生以下)は、無料でつかみ取りも開催します!

【主 催】  井川漁業協同組合

【後 援】  井川自治会連合会、井川観光協会、井川朝市会、やまと渓流会

【問合せ】  井川漁業協同組合 054-260-2572(2377)

       あまごの里(当日のみ)054-260-2519

 

 

 

 

 

2018年4月23日 月曜日【】
【参加者大募集】9月2日(日)「写真家 石川直樹が見た 静岡井川・南アルプス講演会」を開催します!

 

9月2日(写真家 石川直樹が見た静岡井川南アルプス講演会」を開催します!

参加希望の方は、下部<申込方法>をご参照の上、お申込みください。

皆さまのご参加お待ちしております♪

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

【概要】

写真家として世界各地でご活躍中の石川直樹氏をお迎えし、自ら前日まで歩いて肌で感じてきた南アルプスの魅力について、語っていただくとともに、井川地域の伝統芸能である、井川神楽の公演を通じ、地域の魅力をご紹介します。

※この事業は全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施するものです。

 

写真②.png<講師 石川直樹氏>

1977年東京生まれ。2000年に北極から南極まで人力で踏破するPole to Poleプロジェクトに参加。翌2001年には、七大陸最高峰登頂に成功。その後も世界を絶えず歩き続けながら作品を発表している。

その関心の対象は、人類学、民俗学など、幅広い領域に及ぶ。

 

 

 

 

【日時】2018年9月2日(日)9:00~17:30

【スケジュール】

   9:00 静岡駅 南口出発 (参加者専用バスにて送迎)

 11:30 井川支所到着 昼食 (在来作物を使ったお弁当)

 12:30 石川直樹さん講演会、井川神楽公演会

 15:00 井川出発

 17:30 静岡駅 南口到着

【場所】井川支所多目的ホール(静岡市葵区井川656-2)

【募集人数】70名(応募多数抽選)

【内容】石川直樹氏の講演会、井川神楽の公演

【費用】無料(別途 昼食代実費1,000円)

【申込先】環境創造課 温暖化対策係 054-221-1077

※この事業は全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施するものです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

<申込方法>

下記、問合せ先まで(1)静岡市HP専用受付サイト、(2)電話のいずれかの方法にて、以下の情報を記載(又はお伝え)ください。

※申込期間は、2018年5月14日(月)9時~7月31日(火)17時まで

静岡市HP受付専用サイト → パソコン用 携帯電話用 スマートフォン用

【記載内容】

氏名(フリガナ)

電話番号

 

<主催者・問合せ先>

静岡市 環境局 環境創造課

〒420-8602

静岡県静岡市葵区追手町5番1号

静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1077

FAX:054-221-1492

Copyright (C) SHIZUOKA CITY All Rights Reserved.

検索

新着記事

リンク

静岡市
環境局のページ
自然環境マップ
清流の都・静岡創造推進協議会
南アルプス情報
静岡県
環境学習ホームページ
ふじのくにゆうゆうnet
環境局水利用課
環境省
環境省
環境活動団体
静岡市消費者協会
静岡県環境カウンセラー協会
アースライフネットワーク
しずおか環境教育研究会
(エコエデュ)

参加団体
静岡市 清流の都創造課
●住みよい東新田にする会
しずおか市消費者協会
静岡市 収集業務課
静岡市 生涯学習課
静岡市 河川課
静岡県フィッシング
 インストラクター協会

ホールアース自然学校
静岡市環境総務課
静岡市農林総務課
NPO法人フードツーリズム研究所

過去の記事

●2018年6月
●2018年5月
●2018年4月
●2018年3月
●2018年2月
●2018年1月
●2017年12月
●2017年11月
●2017年10月
●2017年9月
●2017年7月
●2017年6月
●2017年3月
●2017年2月
●2017年1月
●2016年12月
●2016年11月
●2016年9月
●2016年8月
●2016年6月
●2016年5月
●2016年4月
●2016年3月
●2016年2月
●2016年1月
●2015年12月
●2015年11月
●2015年10月
●2015年9月
●2015年8月
●2015年7月
●2015年6月
●2015年5月
●2015年4月
●2015年3月
●2015年2月
●2015年1月
●2014年12月
●2014年11月
●2014年10月
●2014年9月
●2014年8月
●2014年7月
●2014年6月
●2014年5月
●2014年4月
●2014年3月
●2014年2月
●2014年1月
●2013年12月
●2013年11月
●2013年10月
●2013年9月
●2013年8月
●2013年7月
●2013年6月
●2013年5月
●2013年4月
●2013年3月
●2013年2月
●2013年1月
●2012年12月
●2012年11月
●2012年10月
●2012年9月
●2012年8月
●2012年7月
●2012年6月
●2012年5月
●2012年4月
●2012年1月
●2011年12月
●2011年9月
●2011年7月
●2011年6月
●2011年2月
●2011年1月
●2010年12月
●2010年11月
●2010年10月
●2010年9月
●2010年5月
●2010年4月
●2010年2月
●2010年1月
●2009年12月
●2009年11月
●2009年10月
●2009年9月
●2009年7月
●2009年6月
●2009年5月
●2009年3月
●2009年2月
●2009年1月
●2008年11月
●2008年10月
●2008年8月
●2008年5月

問い合わせ先

静岡市 環境局 環境創造課
電 話:054-221-1357
F A X:054-221-1492
Eメール:kankyousouzou@city.shizuoka.lg.jp